2012年03月12日

ご報告。

お久しぶりです^_^;

私、妊娠しました。

現在14週です。

つわりでパソコンに向かえず今に至ってしまいました。

奇跡的です。

胚移植でゎなく、人工受精です。

まだまだ、先ゎ長く不安だらけだけど、ここまで来ることが出来ました。

今日で、このブログゎ卒業です。
経過ゎ、もう1つのブログにて書いて行くつもりです。

たくさんのアクセス数を見る度に
不妊治療を頑張ってる方の多さを
ビックリしたと同時に、励まされていました。

採卵→受精→分割→胚移植→判定

判定日までいけることさえ困難で
挙げ句判定日ゎ陰性で...
そんな日々を繰り返す辛さゎきっと
経験者にしか分からないよね。

だけどそんな気持ちに負けないように
淡々と過ごす努力をしていました。
感情を置いておく。
理性だけで治療に臨む。
三輪明宏さんの教えです。(笑)

今回、妊娠することが出来て感じたこと。
やはり、神の領域だなって感じます。

もちろん、妊娠に向けて、検査したり、病院に通ったりと、現実的な行動ゎ必須だけども...

それ以外に出来ることってあるのかなって。
運動?食事?サプリ?神頼み?
私ゎどれも少しゎ挑戦したけど
半月頑張って、2ヶ月休む...みたいな(笑)

願えば叶う?
(*_*)ウーン。

どんなにポジティブ思考でも叶わないこともあるって、思ってる自分もいたり。
努力出来ることに関してゎ別だけど
生命だけゎどうにもこうにもならない気がずっーーーっとしてた。


どんなに体調万全で、胚のグレードも凄く良くて、内膜もフッカフカで、
4回の内3回ゎこの状態でも
かすりもせず(泣)

なのに、今回は、
まず第一に人工受精でゎ難しいと
言われていた私。
なぜなら、左卵管が無いのに、
左からしか排卵しないってこと。
おまけに右卵巣ゎ手術で削ってるから元気が無いんです。
今回は、年に一回あるかないかの
右排卵だったからとりあえず・・ぐらいの気持ちで人工受精したのです。
去年10月から治療を休憩していました。身体の調子を整える為にね。
病院にゎ、ちゃんと排卵してるか確認する為に通ってたんだよね。

だから、急遽の人工受精だったの。
子宮内膜も薄くてさ。
胚移植だったら、キャンセルの薄さだったよ。

それが、12月半ばだったかな。
そんな状態だから、私ゎ妊娠出来る気が全然しなくて
人工受精後、
先生にゎ止められたにも関わらず、
全身マッサージを受け、
その翌日にゎ大風邪までも・・・・(>_<)

39℃の高熱に数日間殺られ、薬をガブガブ飲み
絶っ不調極まりない日々を送ったのです。

先生も、無理だと感じていたのか、
『年末から年明けにゎ、生理が来ると思うから、来たら3日以内に来てね〜♪で、胚移植の準備に入りま〜す♪』
ってさわやかに.....

そんな状況の中の出来事だったのです。

何が起きるか分からないのが人生ですね。

良いことも悪い事も・・・

これからも、そういう気持ちで、ゆったりと日々を過ごして生きたいなって思います。

今まで、見てくださった皆様・・・

有難うございました<m(__)m>





posted by クレエ at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 結果・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。